メールが送信できない(SMTP)

スパム・メールやウイルス・メールなどの送信を制限する技術として、最近Outbound Port 25 Blockingという技術が導入されました。

サブミッション・ポートとは、TCPの25番ではなく、TCPの587番ポートを利用するメール・サービスです。(プロバイダによる)

『Outlook Expressの場合』

1.[ツール] → [アカウント]メニューで[インターネット アカウント]画面を表示。

2.[プロパティ]ボタンをクリックする。

3.アカウントのプロパティ画面が表示されるので、[詳細設定]タブを開き、[サーバーのポート番号]-[送信メール]を変更する。

4.送信メール(SMTP) 25 → 587

5.[OK]ボタンをクリックする。

Windows Vista嫌いのユーザーがWindows 7を好きになる10の理由

http://japan.zdnet.com/sp/feature/07tenthings/story/0,3800082984,20389565,00.htm

#1:UACが熟成されている

#2:Windowsエクスプローラ使用時のイライラ感がなくなっている

#3:グラフィックカードの共存が再び可能になっている

#4:ごちゃごちゃと肥大化していた状態が改善されている

#5:起動が速い

#6:通知の有無をアプリケーションごとに指定できる

#7:セキュリティ関連の通知がまとめて表示される

#8:ウィンドウサイズの自動変更機能により、2つのウィンドウを簡単に左右に並べることができる

#9:家庭内ネットワークの設定が簡単に行える

#10:ライブタスクバーサムネイルの実用性が増している

Process Explorer

20090716

http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb896653.aspx

概要(Microsoft参照)

ある特定のファイルやディレクトリがどのプログラムによって開かれているのかを疑問に思ったことがあると思いますが、その疑問を解決できるようになりました。Process Explorer を使用すると、プロセスによって開かれたハンドルや読み込まれた DLL に関する情報を確認することができます。

Process Explorer に特有の機能は、DLL のバージョンに関する問題やハンドル リークを検出するのに役立ち、Windows やアプリケーションの動作方法を理解するうえでの手掛かりとなります。

エラーコード2738

インストール時に、

「このパッケージをインストールするときに予期しないエラーが検出されました。このパッケージは問題がある可能性があります。エラーコードは2738です。」

この場合に、インストーラに必要なプログラムが動いていない可能性がある。

コマンドプロンプト(管理者として実行(vista))にて、

regsvr32 vbscript.dll

その後に、再度インストールするといい。