MultiRow for Windows Forms 6.0Jで、コンボボックスに動的にデータセット

MultiRow for Windows Forms 6.0Jで、コンボボックスに動的にデータセット

既存のテンプレートのコンボボックス型セルに対して、リストを設定

するには下記のサンプルコードのようにします。

この例では、Template1がデザイナで作成したテンプレートになります。

【サンプルコード】

using System;

using System.Collections.Generic;

using System.ComponentModel;

using System.Data;

using System.Drawing;

using System.Linq;

using System.Text;

using System.Windows.Forms;

using GrapeCity.Win.MultiRow;

namespace M100902020

{

public partial class Form1 : Form

{

public Form1()

{

InitializeComponent();

InitializeMultiRow();

}

private void InitializeMultiRow()

{

// 既存のテンプレートの変更

Template test = new Template1();

ComboBoxCell comboCell = test.Row.Cells[“comboBoxCell1”] as ComboBoxCell;

comboCell.Items.Add(“ガーナ”);

comboCell.Items.Add(“バングラデッシュ”);

comboCell.Items.Add(“ネパール”);

// MultiRowの設定

gcMultiRow1.Template = test;

gcMultiRow1.SetValue(0, “comboBoxCell1”, “ネパール”);

}

}

}

TableAdapterに ‘Update’ の定義が含まれておらず

ウィザードで、DataSetを構成
ウィザードで、DataSetを構成

【エラー1】
・・・TableAdapters.TableAdapter’ に ‘Update’ の定義が含まれておらず、型 ‘・・・TableAdapter’ の最初の引数を受け付ける拡張メソッドが見つかりませんでした。
using ディレクティブまたはアセンブリ参照が不足しています。

【対処】

ウィザードで続行する
ウィザードで続行する
データセット内に指定するデータベース オブジェクト
データセット内に指定するデータベース オブジェクト

C# 文字列を数値変換

//文字列をint型に変換
int i = int.Parse(“100”);

//文字列をlong型に変換
long l = long.Parse(“100”);

//文字列をfloat型に変換
float f = float.Parse(“100.1”);

//文字列をdouble型に変換
double d = double.Parse(“100.1”);

//文字列をbool型に変換
bool b = bool.Parse(“True”);

ClickOnceが持つセキュリティ

[エラーメッセージ]
警告 1 Importing key file “□□□_TemporaryKey.pfx” was canceled.

ONECECLICK署名

[解決策]
「コードサイニング証明書(Authenticode対応Digital ID)」が必要となる。
ClickOnceの証明書を作成する
VS2008にて、ソリューションエクスプローラ
「Properties」 → 「署名」 → 「ファイルから選択」 or 「テスト署名作成」
証明書(C)に、発行先/発行元/使用目的/有効期限が表示されます。
→ ビルド

TableAdapterにLIKE条件の設定(C#2.0)

TableAdapterクエリー
TableAdapterクエリー

[JoyDS1.xsd]
tb_keiyakuTableAdapter
EiChiki(PARAM1, PARAM2, PARAM3)の中身

SELECT  * FROM  tb_keiyaku WHERE (xx LIKE :PARAM3);

//  ===================================
//  TableAdapterの設定
//  フィルタを設定(2010.5.24)
//  ===================================
private void TableSET()
{
this.TableAdapter.EiChiki(DS, TP2.Value, TP1.Value, “%” + tBoxAdd.Text + “%”);
}

C# 日付け変換可能かチェックする

string str = “2009/10/8”;
DateTime dt;

//DateTimeに変換できるかチェックする
if (DateTime.TryParse(str, out dt))

{ //日付け変換可能の場合の処理

Console.WriteLine(“{0}はDateTimeに変換できます。”, str);

else

{ //日付け変換できない場合の処理
Console.WriteLine(“{0}はDateTimeに変換できません。”, str);

文字列を数値に変換するか検証

string s = "123";
int num;
if (int.TryParse(s, out num))
{
Console.WriteLine("{0} は、数字です。", s);
}
else
{
Console.WriteLine("{0} は、数字ではありません。", s);
}

s = "abc";
if (int.TryParse(s, out num))
{
Console.WriteLine("{0} は、数字です。", s);
}
else
{
Console.WriteLine("{0} は、数字ではありません。", s);
}

標準数値書式指定文字列

通貨記号や小数桁等が挿入される
[例]
int i = 12345;
CultureInfo jp = new CultureInfo( "ja-JP" );
Console.WriteLine( i.ToString("C2",jp) ); // 12,345.00

整数部に 3 桁ごとの区切りを入れる
[例]
int i = 12345;
Console.WriteLine( i.ToString("N") ); // 12,345.00
Console.WriteLine( i.ToString("N0") ); // 12,345