C# 今日は、「何週」

//今日をセット
DateTime DayThis = System.DateTime.Today;
//経過日数
int Days1 = (int)(new DateTime(DayThis.Year, DayThis.Month,1).DayOfYear);//経過日数
//何週目
int Weeks2 = (DayThis.Day + Days1 – 1) / 7 + 1; //何週目

//——————
//MySQLで、何週目か求めるには!
SELECT WEEK(daychako) // DateTime daychako
FROM tb_sagyos

C# if複数条件

条件を複数個設けたい場合には、次のような論理演算子を使います。

if(a>1 && a<10)

{

// 処理(1)

}

aが1よりも大きく、かつ、aが10よりも小さい場合は、処理(1)で記述するプログラムをを実行します。

&& かつ
|| または
! 否定(例 !aは、aでなければ)
& 論理積(例 1 & 1のみ、真)
| 論理和(例 1 | 0 、0 | 1、1 | 1ならば真)
^ 排他的論理和(例 1^ 0 、0 ^ 1 ならば真)

「C#を攻略しよう」より

C# 数値の有効範囲

データ型 数値の有効範囲
int型(System.Int32型) 符号付き32bit整数値。-2147483648 ~ 2147483647
uint型(System.UInt32型) 符号なし32bit整数値。0 ~ 4294967295
long型(System.Int64型) 符号付き64bit整数値。-9223372036854775808 ~ 9223372036854775807
ulong型(System.UInt64型) 符号付き64bit整数値。0 ~ 18446744073709551615
decimal型(System.Decimal型) 96bit10進値。-79228162514264337593543950335 ~ 79228162514264337593543950335
float型(System.Single型) 単精度(32bit)浮動小数点数値。-3.402823e38 ~ 3.402823e38
double型(System.Double型) 倍精度(64bit)浮動小数点数値。-1.79769313486232e308 ~ 1.79769313486232e308

C# 日付 月初めと月末取得

this.dateTP1.value = “2012/4/3”;
//月初め設定
this.dateTP1.Text = this.dateTP1.Value.ToString(“yyyy/MM/01”);

// 月末日を設定
DateTime d1 = this.dateTP1.Value;
DateTime d2 = new DateTime(d1.Year, d1.Month, DateTime.DaysInMonth(d1.Year, d1.Month));
this.dateTP2.Text = d2.ToString(“yyyy/MM/dd”);

Substringにて、任意の位置から指定した文字数分の文字列を取出す。

1. 名前空間

using System;
using System.Windows.Forms;

2. コード

  string s1 = "Hello, World!";

  // 左端から 5 文字取り出す。
  this.TextBox1.Text = s1.Substring(0, 5);

  // 左 5 文字目から 2 文字取り出す。

  this.TextBox1.Text = s1.Substring(5, 2);

// 右端から 6 文字取り出す。

  this.TextBox1.Text = s1.Substring(s1.Length-6, 6);

■ 説明
Substringにて、任意の位置から指定した文字数分の文字列を取出す。

Substring は開始方向から文字列を取出します。