MultiRow for Windows Forms 6.0Jで、コンボボックスに動的にデータセット

MultiRow for Windows Forms 6.0Jで、コンボボックスに動的にデータセット

既存のテンプレートのコンボボックス型セルに対して、リストを設定

するには下記のサンプルコードのようにします。

この例では、Template1がデザイナで作成したテンプレートになります。

【サンプルコード】

using System;

using System.Collections.Generic;

using System.ComponentModel;

using System.Data;

using System.Drawing;

using System.Linq;

using System.Text;

using System.Windows.Forms;

using GrapeCity.Win.MultiRow;

namespace M100902020

{

public partial class Form1 : Form

{

public Form1()

{

InitializeComponent();

InitializeMultiRow();

}

private void InitializeMultiRow()

{

// 既存のテンプレートの変更

Template test = new Template1();

ComboBoxCell comboCell = test.Row.Cells[“comboBoxCell1”] as ComboBoxCell;

comboCell.Items.Add(“ガーナ”);

comboCell.Items.Add(“バングラデッシュ”);

comboCell.Items.Add(“ネパール”);

// MultiRowの設定

gcMultiRow1.Template = test;

gcMultiRow1.SetValue(0, “comboBoxCell1”, “ネパール”);

}

}

}

コメント